Gmailの『マルチ受信トレイ』を利用して、受信箱以外のメールも一覧表示させる方法

今回は、私のGTDシリーズから脱線して「パソコンのブラウザからGmailを利用するとき『マルチ受信トレイ』を使うと便利ですよ」というお話です。

今更な内容かもしれませんが、知らない人も多いようなので、あえて解説していきたいと思います。

「Gmailとは…」という説明は省きます。
アーカイブ、ラベル分類、メールの検索などひと通りの機能が使える人向けです。

マルチ受信トレイとは

通常、Gmailを開くと受信トレイが表示されます。

『マルチ受信トレイ』機能を使うと、最大5つまで特定のルールに従ったメール群を表示させることができます。

スター付きメールや未読、添付ファイル付き、特定のラベル……などなど、Gmailにて検索・絞込した状態のものを一覧表示できるわけです。

日々、たくさんのメール処理に追われている方には特にオススメで、未読メールやドラフトなどあちこちクリックして潜り込まなくても、見失うことなく処理していくことができるわけです。

タスク管理にも

私の場合は、GTDのinboxとしてGmailも利用しています。
後から処理が必要なメールにはスターを付けておいてレビューの時にタスク化したり、または資料用にノートにコピペしたりします。

やり方

Gmail Labs

まずはソーシャルやプロモーションなどのタブが表示されていると、マルチ受信トレイにできないらしいので、設定画面を開いてオフにします。

① Gmailの設定画面を開き、②『受信トレイ』メニューから ③ カテゴリの中の『ソーシャル』『プロモーション』のチェックをはずしてください。

続いて、同じく設定画面の『Labs』メニューから『マルチ受信トレイ』のラジオボタンを『有効にする』にしてください。

下の方までスクロールしていき、『変更を保存する』ボタンをクリックします。

トレイの指定

デフォルトで、受信トレイの上にスター付きメールと下書きが表示されるかと思います。

表示させるメールや位置を変更したい場合は、『設定』メニューに新たに加わった『マルチ受信トレイ』からおこないます。

参考画像ではスター付きメールと、未読メールが表示されるようになっています。

検索演算子を組み合わせて、さまざまな条件のメールを指定することができます。
参考 → Gmail で使用できる検索演算子

表示件数や、追加パネルの位置を選んで『変更を保存』ボタンを押して完成です。

まとめ

本当はもうメールではなく『Slack』のようなチャットアプリに移行したいところなのですが、私の周囲では未だに社内・取引先揃ってメールが全盛を極めています。

まだ大部分の会社ではメールが主流かなと思い記事にしてみました。

仕事用のメアドをGmailに転送させると、タスク管理や情報整理が捗ります。……が、その際、うっかり個人用アドレスから返信しないよう、お気をつけください。