初めてのシステム手帳カバーは『tete.』にしました

去年から、ずっと気にかかっていたシステム手帳。

バイブルサイズのプラスチックバインダーと方眼リフィルだけ買って、ほそぼそとあれこれ試していたのですが、2018年本格でべビューを果たそうとついにカバーを購入しました!

どんな手帳にしようか迷いつつも、『見た目がシンプルで可愛い』『革製(布・紙・プラスチックはNG)』『パタンと開く』『開く時に抵抗を感じない』と、自分の中で条件を定めて、文具屋さんを往復する日々。

個性的なカバーと大きめなリングが特徴的なfILOFAXは、店で手に取れるタイプに当たり外れがあり、「これだ!」と思える商品には出会えず。

優等生的な立ち位置でありながら、HB×WA5という変形規格を採用するほどの懐の深さを見せるアシュフォード。
カバーを探し始めるスタートが遅かったのか、やはり店頭で好みのカバーに出会えず、あえなく断念。

今年、デビューを果たしたPlotterもリングの細さが心もとなく感じて、少し様子見。

そうやってさまざまな商品を手にとって、頭が沸騰しそうなほど考えているうちに時が経ち……。
結局、「もう、わからん! 一番可愛いやつに決める!」と『tete.』を買いました。

『tete.』とは

『革カバー』『ボタン金具』『活版名入れ』『表紙&台紙』『リフィル4種類』など、複数用意されたパーツを組み合わせ、ほぼオリジナルな商品が作れるというセミオーダー式のシステム手帳

ボタンや活版に用いられるイラストなど、たくさんの種類から選ぶことができます。

カバーは基本のダークブラウン・キャメルのほかにレッド、ネイビーとファッショナブルなカラーもあって「わかってるぅ!」と呻ってしまいました。

リフィル用紙は安定のトモエリバー。

活版は予め用意されているイラストのほか、文字であれば10文字以内で好きな言葉を刻印してもらえます。
(英字のみ。書体は選べません)

実店舗での展開があまりされていなく、購入するとなると私はネット通販一択です。

革の質感、リングの開閉が固くないか、パタンと開くか……など、実際手にとって観なければわからない部分がドキドキでしたが、ネットを検索してみても悪い噂を聞かなかったので、イチかバチかでした。

購入した手帳

実は、注文の手前で『戻る』ボタンを押し、指定した値がリセットされてしまいました。 そのまま気付かず注文手続きを進めて確定させてしまい、届いた商品はほぼデフォルト状態。

セミオーダーの意味が、まったくありません。

革カバーはダークブラウン。ボタンはいぶしのツバメ。リフィルはカレンダーと方眼。……と指定していたつもりだったのですが、届いた商品はキャメルカラーのプレーンボタン。リフィルは横罫ノートのみ。

どうしよう……と、2分半くらい思い悩みましたが、手にした商品があまりに可愛かったので「うん、愛せる!!!」と、このまま使うことに決めました。

とは言え、よく確認しなかったのは、今後の買い物では危険なので、気をつけたいと思います。

そんなこんなで当初の予定とは違う商品にはなってしまいましたが、自慢とノロケがてら2018年の私の相棒を画像で紹介したいと思います。

ほぼすべての指定値がリセットされてしまったものの、刻印文字はその後に指定したので生きていました。

文字は『Keep a smile』とか、ちょっとキラキラ系の言葉でも入れようかと思ったのですが、なんとなくオリジナリティを出したくて、自分のブログのサイト名にしました。

いかがでしょうか。
この一文があるだけで「自分だけの手帳」感が10割増しで、見るたび愛が深まるばかりです。

ボタンはアルファベットの『A』。
本人はもとより家族や尊敬する人にも、イニシャルAの人が存在しません。

こうなったらもうワンピースでの推しキャラはシャンクスからエースに変更するしかないですね!

懸念していたた『リング開閉時の固さ』や『パタンの開くか』『開く時に抵抗がないか』は、まったく問題がありませんでした。

もともと一枚の革をゴムでまとめる方式の商品なので、多分、大丈夫。私の予想の6割り方大丈夫な予感がする!」と、確信?を持って注文したのですが、予想に違わぬ働きをしてくれています。

そのほか、バシャバシャと写真を取ったので、存分にご覧ください。











どうです、可愛いとは思いませんか!
2018年はこの子とともにいろいろな場所にお出かけしたいと思います♪

公式サイト

わたしらしく わたし仕様で 記憶を残す|tete. | 神戸にある印刷会社、啓文社印刷工業:活版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷・活版名刺・結婚式招待状印刷・印刷加工