【レビュー】システム手帳のノート版『コロモガエダイアリー 2018 A5サイズ』

2014年以来ずっと買ってる『コロモガエダイアリー』について、今年もレビューします。
大きな改良点などは見当たりませんが、このブログの風物詩のひとつとしてお楽しみください。

私にとっての定点観測です。

コロモガエダイアリーとは

平たく言えばリーフの取り替えが自在な『カレンダー付きツイストリングノート』。

2013年の初代から6年めに突入しました。
サイズ展開はA5版とB6版。

リーフの端を引っ張ると「パカっ」とリングの真ん中が開きます。
ルーズリーフのようですがリングの規格が違い、一部のダブルリングノートと互換性があるところがウリのひとつ。

これにカレンダーが付くことによって、カレンダーとノートの順番を入れ替えたり、不要になったノートを取り外したり、別売りのツイストリングと表紙を用意すれば、当月分だけを持ち歩くということも可能!

穴あけパンチもあるので推しメンの写真を表紙にしたり、自作リフィルを綴じ込むことも可能で、まさに『衣替え』できるノートタイプの手帳です。

レビュー

表紙

おもて表紙

購入したのはカジュアルポップな表紙の『サークル』。
元気が出そうな爽やかなカラーリングに惹かれました。 おもて表紙

コロモガエ表紙

表紙を裏返したところ 表紙を裏返すとグレーのサークル模様。
夏が過ぎたら、こちらのやや落ち着いた表紙にチェンジしても良さそう。

裏表紙

裏表紙 裏表紙はヨゴレの目立たない濃いめのブラウン。

年間カレンダー

2018年と2019年の二年分が縦に並んで一覧できます。 年間カレンダー

拡大したところ。
年間カレンダーを拡大したもの
月曜始まりで、土曜・日祝日が分かりやすく色分けされています。

年間計画

『2018 Yeary Plan』と題されたページ。 年間計画

祝祭日名やひな祭り、バレンタインなどおもなイベント名と二十四節気が記入されています。 年間計画を拡大したところ

裏はパーソナルノート

年間計画ページの裏は、ちょっとしたノートスペースと個人情報記入欄。 パーソナルノート

氏名、誕生日、血液型、住所、メアド、電話番号、Fax番号、携帯電話番号…など。
万が一、落としてしまったときのためにメアドくらいは記入しておいたほうがいいかもしれません。 パーソナルノートを拡大したところ

月間カレンダー

さて、ここからがメインとなるカレンダーページ。

どの月でも自由に差し替えできるように各カレンダーには表紙があり、裏はノートとなっています。
カレンダーの表紙

そして見開きのカレンダーページ。
月曜始まりで、六曜まで記載されています。2017年の12月から2019年の3月まで。
月間カレンダー

拡大したところ。
月間カレンダーの拡大したところ その1
左側には自由に書き込めるスペースが用意されているので、週単位のメモもこちらに書いておけます。

月間カレンダーの拡大したところ その2
右下にもメモ欄および先月と来月のミニカレンダー。

ノート

カレンダーが終わると横罫(6mm)ノートが13枚。
ツイストリングノートと互換性がありますので、別途、A罫や無地、方眼ノートと差し替えることも可能です! 見開き横罫ノート

また専用パンチで穴を開ければ、印刷した自作リフィルを綴じることも可能になり、さまざまな使い方に対応できそうです。

ここ数年、システム手帳の波が押し寄せていますが、「カバー買うのちょっとためらう」という方は、まずはこちらを試してみてはいかがでしょうか。

オマケ

ポケット

丈夫なプラスチック製のポケット。シールやチケット、インデックス、写真などをしまっておけます。
ポケット

シール

半透明のインデックスとドットシール。 シール

ドットシールは月間カレンダー右上のサークルと同じくらいの大きさです。
目立たせたい日付に貼って楽しめます。 カレンダーにシールを合わせたところ

ツイストリングリング

リングの太さは18mm。かなりの収納力です。 リング その1

リング その2

Amazonリンク

カレンダーリーフ

表紙やリングは手持ちのものを使いまわしたいという方のため、カレンダーのみの販売もされています。

リヒトラブ ダイアリーリーフ 手帳用 2018年 12月始まり マンスリー A5 N1650M-18
リヒトラブ(LIHIT LAB.) (2017-08-25)
売り上げランキング: 21,370