3月の手帳の使い方と4月の予定

気付けば3月もあっという間に終盤です。
熱い思いとは裏腹に手帳タイムがなかなかとれず。先月同様、時短モードで運用しています。

これまでのダイジェスト

手帳を「こう使おう!」と決めても、使い方が頻繁に変わるため、2017年はひと月おきに使用方法をまとめています。

これまでのエントリー

12月の手帳の使い方(途中経過)
2017年1月の手帳の使い方 振り返り
2月の手帳の使い方おさらいと3月の使い方(予定)

そして家事手帳『コントロールジャーナル』に影響を受け、GTD特化型の手帳として『GTDジャーナル』を提唱してみたものの、そのうちGTD以外のことも収集しはじめ、やればやるほど、ただの『ジブン手帳』を使わない『ジブン手帳』だなってことに、最近気付き始めました。

どっちにしろ自分の使い方だと内容の入れ替えが激しいので、リーフ交換タイプの手帳でないとうまく運用できる気がしません。

このまま気付かなかったふりをして『GTDジャーナル』として研究していこうと思います。

コロモガエダイアリー

そんな感じで『GTDジャーナル』のマスターノートとして使っているのがコロモガエダイアリー。


リーフに印刷して参照用ノート作成

マークダウン記法で書き、プレビューしたものを印刷して綴じています。

最初はGTDに関するレビューのチェックリストなどを作成していましたが、日が経つにつれ、それ以外にも『画像保管のマイ・ルール』や『朝の美容ルーチン』など、生活に密着した内容のチェックリストが追加されています。

マスターノートのマニュアルページ

『自分の生活虎の巻』といった感じでしょうか。
この『トリセツ』ノートを増やしていくのが、日々の楽しみになってきています。

カレンダーにてスキマ時間を把握

コロモガエダイアリーの月間カレンダー

そしてカレンダーには予定されたイベントを書き入れつつ、作業できそうな時間をカギカッコで括って可視化。

先月と同じように使っていますが、作業メモが1行しか書き込みできないのが不満になってきました。

来月からは作業メモのスペースを大胆にとってみようと思います。

4月からの月間カレンダー

カレンダー裏ノートに家計簿的なメモ

あと、毎月カレンダーの裏側に用意されているノートをうまく使いこなせていませんでした。

そこで毎月のおもな出費リストを書き出し、月初に決めた予算と実績との差額を記入。

カレンダーノートの裏

お小遣い帳的なものはアプリで記録しているのですが、自分好みのひと月のまとめ表がうまく表示されず。
それをパッと見で把握できよう、ノート一枚を使って総括していこうと思います。

EDiT 週間ノート

『GTDジャーナル』のログノートとした役割をもたせたい手帳です。


最初はプロジェクトの管理をこちらに一任したかったのですが、どうにも内容がコロコロ変わって、修正する手間が追いつきません。

プロジェクト管理はほとんどデジタルに任せ、こちらは『ログ』に徹底するべきだと思い始めてます。

やらないことリスト

月の初めに『やらないことリスト』を宣言するのですが、すぐに存在を忘れ去ってしまいます。

そこで3月からは、よく使う手帳の必ず開くページにメモを貼り付けるようにしてみました。

マステで貼り付けた『やらないことリスト』

これで手帳を開くたびに、パッと目に入るようになり存在を忘れ去るようなことがなくなりました。

ToDo欄

そのほか、月間カレンダーの使い方を4月からは少しだけ変えてみたいと思います。

週間ノート 月間カレンダーのToDo欄

ToDo欄ですが、今までは「その月にやることリスト」としてタスクを書き入れていたのですが、まるっきりデジタルツールと内容がかぶっている上に、月初に思いつくまま書き連ねてしまい、月の途中からの予定変更に対応しきれなくなっていました

そこで4月からは、『月間ファースト・タスク』リストとして使用していきたいと思います。

そもそも『ファースト・タスク』って何?という方は、『マニャーナの法則』本をご覧ください。

ざっくり言うと、その日のうちに最初に取り掛かるべきタスク。
前日の積み残しタスクや、緊急度は低いけれど重要度の高いタスクなどを、集中力のあるうちに、そして割り込みタスクなどが発生しないうちに着手しましょう。というもの。

これを応用して『月間ファースト・タスク』を定義し、そのタスクのみをToDo欄に記入。

着手期間をメモしつつ、達成したらチェックして、次の『月間ファースト・タスク』を書く…という使い方をしていくつもりです。

ポイントは、タスクをひとつしか書かないこと。
それを達成、または着手を諦めるまではほかのタスクに集中力を分散させないようにすることができそうです。

日々のファースト・タスク

『月間ファースト・タスク』をToDo欄で管理しつつ、日々の『ファースト・タスク』をカレンダーで管理したいところ。

3月は上段にその日のイベント、下段にその日のファースト・タスクと決めて運用していたのですが、書き入れている内容に、中身が伴っている気がしません。

週間ノートの月間カレンダー

なんだか、後付けっぽく「その日、できたこと」を書き込みしちゃってる自分がいました。

その日の振り返りとして一日の終りに手帳を開き、「今日は何したっけ? 仕事大変だったなあ。とりあえずあの作業を書き込みしておこう」てな具合に、印象に残ってる大変な仕事内容をメモしてるだけになっていました。

4月からは、「明日の『ファースト・タスク』はこれ!」と宣言するようにして、その日の終りにできたかどうか評価できるようにしたいと思います。

家族のイベント管理もこちらに

そして、今まで『星ダイアリー』に家族のイベントを集約していましたが、母の買い物に車を出したり、娘の学校イベントでの送り迎えに行ったりと、自分以外の用事で時間をとられることがしばしば。

タスクに着手できるかどうかに関わることなので、週間ノートで管理したほうがよさそうです。

カレンダーのひとマスが上下ふたつに分かれているので、4月からは上段に「自分、または家族のイベント」、下段に「日々のファースト・タスク」を書き入れていきます。

一日のダイジェスト

続いて、週間ページ。

こちらは上段が三分割のバーチカルスケジュール。下段がたっぷりメモを書き込めるノートになっています。

週間ノートの週間スケジュール

スケジュール欄の三分割の内、上二段を『一日のダイジェスト』として使用しているのですが、仕事のことが大半になっているため、読み返していて面白みがありません。

将来の自分を楽しませるため、もっと日々のできごとに重点を置いて書き込みするべきだったな、と反省しています。

また三段目は、その日の積み残しタスクをメモしていたのですが、思いの外、やり終えられないタスクがありません。

積み残しがない時は、三段ぶち抜きでその日のダイジェストを書いてもいいのかな、と思いました。

ブレストメモ

週間ノートのノート欄

ブレスト用として何かしらのアイデアや、日々のアレコレ試行錯誤を書くために使っているつもりなのですが、どうにも結果がわかりきったことの備忘録にしか使っていません。

「キレイに使うことを諦めた」と言いつつ、まだ見た目に未練があって、思い切ったブレストツールとしての使い方ができないでいます。

マインドマップやフローチャートを書こうとして、スペースのとり方などで失敗するのが怖いのだと思います。

ノート

こちらもたくさんのページが用意されているのに、未だに使いこなせていません。

もっと悩んでいることや、アイデアの種みたいなものをガンガン書き込みしていきたいのに、私は一体何をしているんでしょうか。

『EDiT 週間ノートのノート』はデータベースではなく、アイデアを発展させるための『ツール』として使う。

そう決めているのに、お気に入りの商品が自分の手によって残念なページを持つようになるのが許せないのかもしれません。

悩みどころです。

そのほかの手帳

星ダイアリー

星ダイアリー2017 水瓶座
石井 ゆかり
幻冬舎コミックス (2016-10-19)
売り上げランキング: 27,702

家族手帳として、3月までは家族の予定を書き入れていました。

前述のように4月からは家族の予定は週間ノートに書くようにし、こちらの手帳は家全体の家計簿として使おうと思います。

今までは自分自身の家計管理だけしていれば良かったのですが、父の急逝をキッカケに、家の家計も私が管理するようになりました。

数ヶ月間、自作のエクセル表で管理していたのですが、全体のキャッシュフローが把握できるようになり、厳密に管理する必要がないことに気付きました。

これからは日々の出費をカレンダーにメモすることで記録していきたいと思います。

ウィークリー欄はこんだてメモ。
ノート欄に『家のこと虎の巻』を書き入れていくつもりです。

ブラウニー手帳


こちらは先月と使い方は変わりません。


月間カレンダーに『習慣化したいこと星取表』。


週間ページは食事日記、肌日記など。

手帳タイムがなかなかとれず食事日記が滞りがちです。
いっそのことスマホアプリに記録を残しつつ、時間のある時に手帳に書き写すようにしようかと悩んでいます。

内容が重複してしまいますが、手帳に書くことで一覧できるというメリットが得られそうです。

Nolty U 365

パタンと開けないのがプチストレスになり、そのうち使わなくなってしまいました。
書き心地の良い手帳なだけに残念です。

せっかく買ったので分解してメモ用紙にしちゃおうかな、と考えています。

来月の予定

『GTDジャーナル』に書くことが確立してきたところで、次に着手したいのが自分の気持ちを盛り上げてくれる手帳です。

そこで『トラベラーズノート』の出番

よくSNSでシェアされているようなかわいいイラストやマステデコレーションされた、見ていてウキウキするものもやってみたいものの、どうにも手をかけられる時間が捻出できそうにありません。

そこで、4月はトラベラーズノートをスクラップブックとして使ってみようと思います。


日常の写真をシールしに印刷し貼り付けたり。
または雑誌の切り抜きや、映画の半券を貼り付けたりなど。

自分ジャーナル的に。SNSにシェアしたい欲求も未だなくなりません。

毎日綴らなくてOK。
何かしらのボックスに切り抜きを集めておいて、時間ができた時にペタペタ貼っていきます。

オリーブエディションが欲しいっ!!

Olive Edition / オリーブエディション | TRAVELER’S COMPANY

そんな感じで公式ショッピングサイトにスクラップ用のリフィルを探しに行ったのですが、うっかり2017年の限定販売のオリーブエディションの商品ページを目の当たりにしてしまい、物欲魔神が降臨されてしまいました。

ナニコレ、チョーホシイ……。

すでに2015年限定のブルーエディションを持っているのですが。
まだスクラップブックとして、きちんと使いこなせるかわからないし。
まずは軌道に乗ってからでいいのでは?

……と、自分に言い聞かせているところです。

それにしても欲しいですね。