クラウドサービス利用の見直しをしました

複数のクラウドサービスを利用しています。

2014年10月に『クラウド整理した』という記事を書いていたのですが、そろそろデータがとっ散らかってきたため、改めてどのサービスでどんなデータを扱うかを再定義しました。

そうしようと思ったキッカケはMicrosoftのサービスである『OneDrive』が容量を縮小し、大容量クラウドサービス『Copy』のサービス停止するとの報せを受けて。

詳しくは、以下のニュースを参照してください。

どちらも大容量が売りでしたので、「必要ないと思うけれど、なんとなくとっておこうかな?」っていうジャンクなファイルの拠り所となっていました。

これらのデータをどこに移行させるか、悩みに悩みんでファイルの断捨離祭りを開催した後、クラウドの再構築祭りまで盛大に行った次第です。

どのサービスにどんなファイルを保管しするか

以下は、各種クラウドサービスの使い方メモです。

後から見返した時のために、それぞれの使用容量と全体容量もついでに記しておきます。

Dropbox (8.25GB / 25GB)

地道に家族や友人を招待していたため、ボーナス分を含めて25GBもの容量があります。

ただアプリやクライアントの使い勝手がほかと比べて最もよく、さらに多くのアプリと連携しやすいと、『クラウドの代名詞』とも言えるほどのサービスですので、あまりジャンクなファイル保管には使いたくありません。

これまで通りDropboxは作業フォルダ的な位置づけで、家と会社のパソコン、スマホとのデータの受け渡しを目的に使っていこうと思います。

Dropboxの使用用途

  • よく使うファイル置き場
  • スマホアプリとの連携
  • ブログデータのバックアップ
  • 写真のデータバックアップ

WordPressのバックアップはプラグインでDropboxにも保存するように設定されています。
これがかなり重いので、定期的にローカルにダウンロードしたら半年前の分から削除していくつもりです。

写真の取り扱いについては後述。

Google Drive (8GB / 15GB)

こちらもスプレッドシートを家計管理や資産運用メモとして使っています。
また、住所録など『確実に使う』とわかっているデータの保管場所として利用します。

box (19.4GB / 50GB)

boxは今まで使用した中でもかなり安定感のあるサービスです。
機能も豊富で「このツールを余すことなく使いこなしたい!」衝動によく襲われます。

そうするとDropboxとの主力争いが勃発するため、boxには音楽データ置き場として、頑張ってもらう所存です。

iTunesのデータフォルダをbox内に置き、異なるPC間で音楽データを遣り取りしています。

また、Radicoolというフリーソフトを利用し、ラジオ番組の録音もしてbox内に保存。
ジップロックにスマホを入れ、お風呂でダウンロードしたラジオを楽しんでいます♪

OneDrive (0GB/5GB)

利用停止。
容量も大きくないし(救済措置に乗り遅れました)、今はどうかわかりませんが、日本語ファイルの名前も勝手に英語に変換されてしまうことがあったためヘタなファイル保管に使わないと心に決めてしまいました。

写真保管に使えていたのですが、容量が減ったためDropboxに役割移譲し、退いてもらいます。

Evernote

私の中でEvernoteはリファレンス用ツールですので、ファイルのバックアップとしての利用は考えてなかったのですが、ジャンクなファイルの行き場がなくなり、こちらに保存することにしました。

使わないかもしれないけれど、念のためとっておきたいファイル類を圧縮し、思いつく限りのキーワードを入力して保存。
後から検索で引っかかってくれるかどうかは、その時の自分の閃き次第です。

写真データの取扱について

ちょっとずつ「もっと良い写真でブログを彩りたい」欲に駆られ、気付けばAdobe CCを購入し、スマホも新しくなっていました。
そのため、撮ったらGoogleフォトへ自動アップロードするのみだった写真データの取り扱いも変えようと思います。

要点として……

  1. Dropboxを介してパソコンとのデータ遣り取り
  2. Googleフォトでアルバム管理
  3. flickrですべての写真データをバックアップ

上記のように、3つのサービスへマルチポストしていきます。

だいたいのファイルは作り直せるけれど、写真は「過去に戻って撮り直す」ということができないため、やや厳重にコピーを量産する形で分散して保管します。

ローカル保存

スマホで撮った写真はDropboxのアプリを経由し、パソコンへ自動保存されます。

Adobe Rightroomにてアルバム管理

Dropboxでパソコンに転送されたファイルはAdobeソフトのRightroomで管理していきます。

フォルダでざっくり『家族写真』『旅行写真』『ガジェット類』『ライフログ』など分類し、適度にRightroomで画像編集を楽しみます。

ここでブログで使用する写真もRightroomやPhotoshopで加工していくつもりです。

今のところ、デジカメを使うようになってから今までのすべての写真データを保存していますが、もしも容量が足りなくなったら過去のものから順にDropboxとの同期をしていないフォルダへ移行させようと思います。

Googleフォト

おもに何気なく撮った風景写真や、お気に入りのブツ、写真メモの管理に利用します。

一覧性があるので『クローゼット』というアルバムを作成して持っている服や小物類の写真を保管しておくのに使っています。

またちょっとした備忘録として『メモ』という写真メモ用のアルバムも作成。
こちらは役目を終えたものはガシガシ削除していきます。

その他にも見返してウキウキする写真以外は削除し、それ以外の写真も端末からはストレージ節約のため削除します。
Googleフォトのメニューから『端末上のコピーを削除』で削除しても、そのまま閲覧だけはできるようになっているので痛くも痒くもありません。

日常的に、いつどんな写真を撮ったか見返したいとき。
友人に「こんな写真撮ったよ」とスマホから見せる時などに大変便利です。

flickr

ローカル、クラウドひっくるめて全体の写真をflickrにアップロードしてデータ消失への保険をかけておきます。

基本、非公開にて管理します。
旅行写真などは、公開して遊ぶかもしれません。