2016年は行動から女子力アップに期待したい。週末野心手帳のレビュー

気になっていた『週末野心手帳』。
やっぱりガマンし切れずポチったので、レビューします♪

外観

サイズはB6。
週末野心手帳の外観

ほぼ日に慣れていると、その分厚さにたじろぐかも。
週末野心手帳の厚さ

藤田和日郎さんの漫画、黒博物館ゴーストアンドレディにも引けを取らなかったので、重ねてみました。

黒博物館と週末野心手帳

これは置き手帳としてデスク、または枕元に置きっぱなしにしておくのが正しい使い方かも。

中身

まずは見開きページ。
週末野心手帳の見開き

続いて、はあちゅうさんと、もえさんからの週末ごとに野心を持ちましょうというメッセージ。 週末野心手帳に書かれたメッセージページ

週末野心とは

日々のちょっとしたウィッシュリストを作成して、週末ごとに叶えていきましょう…といった趣旨の様子。

3日後にやりたいこともないのに、5年後・10年後の夢なんて描けない。
まずは身近なことに取り組んでみましょう。意外にも簡単に叶いますよ。

…と、いうようなことが書かれていました。

マップ

自己分析マップ

自己分析マップ

  1. 一番身近にいる人、5人
  2. 憧れの人、5人
  3. 2015年に頑張ったこと
  4. お気に入りの時間の過ごし方

ビジョンマップ

ビジョンマップ

  1. 2016年にはじめること
  2. 2016年にやめること
  3. 2016年に行きたい場所
  4. 2016年に会いたい人

年間カレンダー

見開きで用意された2016年と2017年の年間カレンダー。
週末野心手帳の年間カレンダー

月ごとのテーマ

週末野心手帳の月ごとのテーマ
それぞれ月ごとに『整える』などのテーマが決められていて、このテーマに則ってToDoリストを5つ書き出せるようになっています。

  • 12月: 整える
  • 1月: はじめる
  • 2月: 贈る
  • 3月: 伝える
  • 4月: 作る
  • 5月: 動く
  • 6月: 休む
  • 7月: 感じる
  • 8月: 遊ぶ
  • 9月: 考える
  • 10月: 食べる
  • 11月: つなげる

私に限って言えば、毎月『食べる』系のイベントがあるので月ごとに括られると、返って辛いです。
あくまでもウィッシュリスト作成のヒントと捉え、テーマはそこまで気にせずに使うのが良いかもしれません。

マンスリーカレンダー

祝祭日のみ記載されたシンプルなカレンダー。
週末野心手帳のマンスリーページ全体

週末野心手帳のマンスリーページ右側
右上には『MEMO』欄として書き込みスペースが用意されています。
そして週末野心を書いていくためか、土日のスペースが大きめです。

日々のページ

時間軸なし。5つのボックスと方眼スペース。 週末野心手帳のデイリーページ

この手帳のセールスポイントの一つは、この時間軸に縛られないデイリーページのように思います。
ボックスを用意することで、さまざまな用途での書き込みが可能です。

下の画像は使用例。
週末野心手帳のデイリーページの使い方

日々の食べたものとか、日々の良かった出来事とか。
勉強記録や運動記録などもボックスに書くことで、モチベーションが持続していきそうな予感がします。

さらにデイリーページの下には、何か素敵っぽいことする一文。 週末野心手帳のデイリーページのひとこと欄

良いバターを買いましょう。とか、特別な塩とオイルを常備しておきましょう。とか。
大切な人に感謝を伝えましょう系の、日々のちょっとしたことを特別なものに格上げするヒント集が散りばめられています。

ターゲットは一人暮らししている独身女性、または小さなお子さんのいる主婦って感じなんでしょうか。

また、2016年の12月はマンスリーページのみで、デイリーページがありません。
来年も手帳出すよ!っていうメッセージ性を感じます。
(これ以上、手帳を厚くしないための苦肉の策かな?とも思いますが…)

ところどころにイラストページ

可愛いイラストが月と月の間に描かれています。
使い方ページには、写メにとって人に送りましょうと書かれていました。

イラストページ

行っておきたいベストスポット

日本

ベストスポット(日本)
富良野のラベンダー畑など、有名スポットが示されています。
自分でも行きたい場所を書き込んで眺めると良いみたいです。

デフォルトでマークされている地域: 富良野、神戸、佐賀、鎌倉、京都、名古屋、八戸、沖縄の8つ

世界

 ベストスポット(世界)
デフォルトでマークされている地域: 香港、バンコク、モルディブ、南フランス、フィンランド、フロリダ、ニューヨーク、コペンハーゲン

素敵な朝の過ごし方

素敵な朝の過ごし方
『窓をあける』『わざわざ外で朝ごはんを食べる』など、素敵っぽい朝が送れそうなアイデアが12個書かれています。
どうしても朝は面倒でマンネリ気味に過ごしてしまうので、たまにはリフレッシュした気持ちで取り組んでみても良いかもしれませんね。

プレゼントリスト

プレゼントリスト
贈ったもの・いただいたものを書き込めるリストページ。

ノート

方眼

方眼ノートページ
方眼ノートは6ページ。

横罫

横計ノートページ
ちょっと太めの罫線間隔です。全部で4ページ。

感想

コンセプトが女性向きで、ウキウキした気持ちで一年を迎えるには最適だと思いました。

週末おきに楽しみを用意しておくことで、「いつかやろう」をどんどん実現していける。
そんな一年を、手助けしてくれる手帳だと思います。

デイリーページの時間軸にとらわれないボックスも目新しいシステムですし、そこかしこに盛りだくさんの工夫がこらされています。

ただ、週末が土日と固定されていることなどから、少し人を選びそうな手帳でもあります。

週末野心手帳について

WEEKEND WISH DIARY 週末野心手帳 2016 <1日1ページ式>” /></a>
    </div><!--ama_img-->
    <div class=

WEEKEND WISH DIARY 週末野心手帳 2016 <1日1ページ式>

はあちゅう,村上 萌

評価: 5つ星のうち3.3 5つ星のうち3.3

発行日: 2015-09-19

価格: ¥ 1,944 (新品)

Amazon.co.jpでCheck!!