Googleフォトをしばらく使ってみてわかったこといろいろ

いろいろ便利になったGoogleの写真サービス。
私も使っていますが、これまでに「おや?」と思ったことや、これからどう使っていこうかをメモしておきます。

「Googleフォトって何?」という方は、以下のサイトを参照ください。

いろいろある解説エントリーの中で、一番わかりやすかったです。

条件付きで容量無制限て?

バックアップ設定画面のスクショ
1600万画素以下の写真なら画像サイズを縮小せず容量無制限でバックアップしてます。
でも、実はサーバー負荷軽減のために圧縮してるよ!

…っていう、解説を読んでて、「???」となっていたのですが、見落としていた『高品質』圧縮という言葉。
素人目にはわからないくらいの品質を保って、容量を半分くらいに圧縮しているらしいです。

でも、加工するなら圧縮前の画像を使用した方がクオリティが良いんじゃない?とも思いましたが、素人目にも分からないくらいの違い、私が気にするのは愚の骨頂でしたね。

使っているカメラが1600万画素以下でSNSやブログに載せる写真ばかりなら、気にせず容量無制限の設定にしておけばオーケーという結論に至りました。
年賀状やL判プリントするくらいにも耐えられるはず! 試してないですが。

ブラウザ上で見るには?

『Googleフォト』と検索しても、スマホアプリや解説サイトばかり表示されて肝心のGoogleフォトの本サイトが出てきません。

ブラウザ上で閲覧したい人は、Googleアプリランチャーからアクセスしましょう。 アプリランチャースクショ

または、以下のサイトをブックマークして下さい。
Googleフォト: https://photos.google.com/

コレクションの違いは?

アルバム・ムービー・ストーリー・アニメーション・コラージュなど、いろいろあるけれど、それぞれ一体なんなの?って、試した感じは以下のとおり。

  • アルバム: 任意の写真を集めてひとまとめにできるもの
  • ムービー: 任意の写真をBGM付きのスライドショー形式へ変換
  • ストーリー: 任意の写真を紙芝居形式で閲覧
  • アニメーション: 任意の写真をアニメーションGIFへ変換
  • コラージュ: 任意の写真を集めて一枚の写真に

…と、いった感じでしょうか。(間違っていたら、ゴメンなさい)

アルバム・ムービーは、それぞれ写真だけではなく、動画も含めることができるそうです。
コラージュはどうなるのかと、動画含めて作成してみましたが、動画部分がグレイ一色になったコラージュ静画でした。

ストーリーは5枚以上の写真がないと作成できないようです。
そして旅行など、複数の地域で撮影した写真を含めたストーリーを作成すると、どこからどこまで移動したかも勝手に演出してくれます。

デフォルトタイトルで日付や場所が自動で入力されますので、旅行行った際に写真をバッシバシ撮って、ちょいちょいとストーリー作成するだけで、『一日目・旭川』とか作成してくれるのかと思うとワクワクしてきます。
これを体験するためだけに3泊くらいかけて旅行いきたくなってきました。

それにしても写真に位置情報を付加しない設定で撮影しているのに、試しで使用した写真の情報から『職場』とか『自宅』とかの書かれるとちょっとゾクッとしますね。
(Google Nowで設定してる情報と結びついてる?)

自動タグとか、ちょっと感動する

まだ実用に至らない機能なのですが、試しに検索ボタンをタップしてみたら感動しました。
何気なく撮っている写真で、撮影した地域や空・花・イヌ・ネコ…など、分類してくれてます。

試しに『スクショ』で、検索してみたらポコポコと妥当な検索結果が表示されました。 スクショで検索した結果のスクショ

ちなみに『カレー』で検索かけてみましたが、ソースが掛かったステーキやオムライスなどもヒットしているので、精度のほどはそこまで期待できません。
でも、きちんとスープカレーもヒットしている辺り、なかなか侮れませんね。
カレーで検索した結果

ピンチイン・ピンチアウトで表示切り替え

Androidアプリでフォトを表示している際、何気にピンチイン・ピンチアウト(二本指で閉じたり・開いたりする操作)してみたら、表示が月別・年別表示に変更されて驚きました。

アプリのメニューでも表示変更できるのですが、知らずに使用している人もいるかもしれないので、なんとなくこのサプライズをシェア! メニュースクショ

年別表示スクショ

端末でのみ、クラウド上のみ写真を削除したい場合

さて、この便利なGoogleフォトですが、「バックアップしてあるし、端末で必要ない写真は削除しよう」と、うっかりゴミ箱ボタンを押したら大変です。バックアップ先の写真も連動して削除されます。

それぞれスマホ端末でのみ、クラウド上でのみ写真を削除する方法をメモしておきます。

スマホ端末でのみ削除する場合

(手持ちの端末がAndroidのみなので、iPhoneなどは操作方法が違うかもしれません。ご了承ください)

まずは、削除したい写真を長押しタップして選択、右上のメニューボタンから「端末上のコピーを削除」をタップしてください。

削除メニューを表示した場合

※ この操作の後でも、フォト一覧で表示され続け、アルバムなどからも削除されず、挙句に編集までできてしまったので、いろいろ不安になりましたが、ファイル管理アプリから写真を探して見つからなかったので、どうやら削除されてるみたいです。

クラウド上からのみ削除する(Androidで操作する場合)

クラウドと端末の写真フォルダが同期している状態です。
一方が削除された場合、もう一方も勝手に削除されます。

で、このクラウドと端末間で同期しない任意の写真フォルダを作成してください。
Goolgleフォトアプリ側で、写真が入っているフォルダを自動認識しているようなので、フォルダを作成したら、そのまま任意の削除したい写真をファイル管理アプリなどを利用して、移動しておきましょう。

続いてスマホアプリから、設定 > バックアップと同期 > バックアップするフォルダを選択… とタップしていくと、それぞれの写真フォルダから同期・非同期設定が切り替えることができますので、非同期用フォルダをオフにします。

同期・非同期設定画面

あとはアプリで写真をゴミ箱にポイすればオーケー。
クラウドからは削除され、非同期フォルダの画像は残り続けます。

どう使ってる?

ライフログ

ちょっとした雑誌を写メ。ネサフ中の気になる情報をスクショ。
美味しいものを食べたら撮影。気になる商品があれば撮影。買ったものを撮影。
飼い犬をモフモフしながら撮影。遊びに行った友人宅のヌコ様を撮影。最近めっきり無愛想な娘を隠し撮り。
散歩行っては空をパシャリ、花をパシャリ…など、しています。

で、これらを気軽にアルバム分類します。
例えば「ブログ素材用」とか、「メモ」とか「行きたいとこ・買いたいもの」など。
娘アルバムを作成して、成長を感じつつ、天使だった頃の思い出を噛み締めたり。
ほかにもPTA活動用の資料メモとか、人に見せるためのものを予め分類したり。

クローゼットの中身とか

あと、以前のエントリーでEvernoteにクローゼットの中身を全部、写真撮ってデータベース化したことを書いたのですが、いろいろ手間なので、あっさりと運用に挫折。
これをGoogleフォトのアルバムで撮ったきり、大雑把にアルバム分類することで再開させてみたいと思います。

クローゼットアルバム

GTDと組み合わせ

そして、このGoogleフォトをGTDに組み込んでみました。

まずライフログ的に日常的に写メしているので、これを『Inbox』に含めます。

そして週次レビューの際に整理。
まず取り損じ写真は削除。あとアルバム分類も適宜ここで行います。

その後は、毎月末に要らない写真を削除。
または『ブログ用素材』などとしてアルバム分類をしたものの、ブログに使用してその役割を終えたものはアルバムから削除したりですね。

本当ならGmailのように『アーカイブ』という機能がGoogleフォトにもついていたらいいな…と、思います。
やはり雑誌や新聞の写メや、スクショなどのメモばかりの写真が並んでいるとワクワク感が薄れるので。
写真アプリとしては、開くたび気分がアガる見た目を保ちたいです。

ライフログ的な役割も持たせているので、役割を終えたら削除というのも、「いつか、また必要になるかも?」の思考が邪魔をするし。
端末からのみ削除で、端末アプリ上では表示されないとかいう機能であれば、ここまで悩まないのですが…。

しばらくは、見ていて楽しい・癒される写真はアルバムに分類していくつもりです。