映画『エイプリルフールズ』を観た

全国的には4月に公開していたらしいのですが、帯広は田舎なので5月末に上映開始。
そして6月上旬には早々に上映終了とのことで、慌てて観に行ってきたよ!

予告ムービー

感想

リーガルハイと同じ監督・脚本ということで、そりゃもう期待値マックスで観に行ってきたよ。
そして期待を裏切らぬハイテンションドラマ。
あらゆるところで物語を進めるキャラクタ達、時にはすれ違い、時には別のエピソードの重要キャラだったり…と、あらゆるところで入り乱れる。

テイストとしては『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』的な展開。
あれ、もう例えに出すには、作品が古すぎるのかなヽ(´ー`)ノ

やー、面白かったわ。
こういうのスキー。どっかに何気なく伏線張られてて、最後にガッツリ回収してくれるヤツ。
特に何気なーい、セリフの端々に紛れてたりするのがいいよね。

この映画でもそういう展開が随所にありつつ、しかも「これは嘘でしょ」って思わせておいて違うとか。
そういうギミックもあるから、なお面白い。
うまい具合にエイプリルフールという特殊舞台を使いこなしてたんじゃないかしら(・∀・)

でもって、以下は個別の俳優さんへの感想

松坂くんが尻見せにチャレンジ

いいね、いいね。
よくセクシーさを売りにしている俳優が、腰なの?尻の上部なの?ってぐらい際どいシーンは披露してくれるんだけれども、なかなかお尻の丸みまで出してくれる人がいないところを、男らしくやってくれたよ。

松坂くんの、お尻を見るためだけでも、この映画観る価値は充分にあったと思う( *´艸`)

相変わらずの顔芸・戸次さん

銃に撃たれそうになった時の、戸次さんの一瞬のキラメキを見逃すな!

いやー、嬉しい。
大泉さんや安田さんは徐々に慣れてきたけれど、戸次さんも全国区の俳優さんたちとの絡みが増えてきて、頼もしい限り。
このまま個性派な面白いオッサンとして、NACSメンバーみんなして大成してほしいな。
………リーダーは無理としても(面白いオッサンだけれども!)、音尾くんも頑張ってるよね。

戸田恵梨香めんこい

前回、観た映画『駆込み女と駆け出し男』とは、また違った面白さ。
この後、『予告犯』も観に行くつもりだから、ここしばらく戸田恵梨香ざんまいよ♪

それでもイヤ気がささない、可愛さ。
もちろん、その映画その映画でキッチリ演じ分けてる感が出ているのもあるけれど。
なんだろうね、そこまで「キャラの振り幅広いなー」って感じもないけれど、それにしてもきちんと別人として観ていられるの。
それぞれ全く別のテイストの映画だからかな?

この映画の感想としては、あんな産後すぐに歩き回れないだろう…というツッコミどころは、若干、ありつつも、それをひっくるめえてすべて許せる可愛さが、何よりも暴力的なまでに戸田恵梨香の魅力だと思う。
最後のキスシーンとか、ちょっとコミュ障がやるにはハードル高過ぎじゃね?って思わなくもないけれども、「でも、まあ戸田恵梨香可愛いいし、まあいいか…」と。

そのほか豪華キャラの無駄遣いっぷり

人気者の岡田くんと、大絶賛売出し中の窪田くんが、びっくりするくらい無駄遣いされてて度肝を抜かれたよ。
この二人がやるからこそ、意外性があって面白いんだけれど、それにしてもな使われ方で、なんか贅沢な気分になるねw

特に窪田くん、どう物語に巻き込まれるのかと楽しみにしていたら、まさかまったく巻き込まれないなんて、誰が予想できたよ。
いいなあー。面白いなあ………。

何はともあれ、全体を通してオススメです( *´艸`)