クローゼットを整理した

先月某日、35歳になりまして。
さらに仕事で『オサレな格好を要求される場所』に、たまに踏み入れるようになってきました。

そろそろ『カジュアルらくちん』路線から、徐々に『大人チックきれい目』路線へシフトしていかなければ行かなくなったと感じ始めた2月の終わり。

やりましたね、クローゼット大改善祭り。
断捨離。アーンド、ミニマリスト的ワードローブリスト作成!
極めつけのEvernoteへワードローブ写真全アップロード!!

キッカケは年末にこの本を読んで。さらに『ミニマリストブログ』にも、かなーり影響されて。

そう。やるならトコトンやるのです。
ここで日和って、ただ新しい服を買い足すだけじゃあ、手持ちの服とどうコーディネイトできるかわからない。
むしろ手持ちの服がわからない。だから買い足すべき服もわからなくって、結局、服屋さんで無駄に迷い、無駄な買い物をしてしまうのです。

…と、思いつつ、実際は『ミニマリスト』の言葉に憧れて真似してやってみました。 ただし、私の『ミニマリスト』は、かなり中途半端。
そこまでストイックに物を減らすつもりもなく、若干、シンプルに機能的にできたらいいな…と思って、試行錯誤した結果を今回はまとめてみましたよ。

やったこと

シチュエーション別ワードローブリストの作成

いきなりクローゼットに手を付けるのはナンセンス。
まずは自分にとって何が必要なのかを見つめ直すべく、仕事や営業、お出掛け…などのシチュエーション別にワードローブリストを作ってみました。

私のシチュエーション別ワードローブリスト

事務
  • a: シンプルブラウス
  • b: 肌色ストッキング、黒タイツ
  • c: 黒パーカー
副業本番: 定番ユニフォーム。とりあえず変化などなくて良い
  • d: スカート
  • e: ジャケット
  • f: 華やかブラウス
副業営業: シンプルパンツを基本に据えて、インナーとアウターの組み合わせで変化を持たせる
  • a: シンプルブラウス
  • e: ジャケット
  • f: 華やかブラウス
  • g: シンプルパンツ
  • h: オシャレカットソー
  • i: 本番と差をつけたジャケット、またはカーディガン
お出掛け: シンプルパンツを基本に据えて、インナーとアウターの組み合わせで変化を持たせる。日常服もOK
  • a: シンプルブラウス
  • e: ジャケット
  • f: 華やかブラウス
  • g: シンプルパンツ
  • h: オシャレカットソー
  • i: 本番と差をつけたジャケット、またはカーディガン
  • k: Tシャツ、カットソー
  • l: 重ね着パーカー
  • m: 靴下、カラータイツ
日常: 寒くないこと重視のパンツに、適当に合うものをチョイスして組み合わせる
  • a: シンプルブラウス
  • b: 肌色ストッキング、黒タイツ
  • c: 黒パーカー
  • h: オシャレカットソー
  • i: 本番と差をつけたジャケット、またはカーディガン
  • j: 履き心地良いパンツ、ジーンズ
  • k: Tシャツ、カットソー
  • l: 重ね着パーカー
  • m: 靴下、カラータイツ

…以上が、ブレストの結果。
実はこれ、一端ブレストしてリスト化した後にアイテム別に整理して、もう一度リストにし直したversion2。
文頭にあるアルファベッドは、アイテム別一覧のためのタグ付け。

アイテム別一覧

  • a: シンプルブラウス
  • b: 肌色ストッキング、黒タイツ
  • c: 黒パーカー
  • d: 上品スカート
  • e: シンプルジャケット
  • f: 華やかブラウス
  • g: シンプルパンツ
  • h: おしゃれカットソー
  • i: 本番と差をつけたジャケット、またはカーディガン
  • j: カジュアルパンツ、ジーンズ
  • k: リラックスTシャツ、カットソー
  • l: 重ね着パーカー、カーディガン
  • m: 靴下、カラータイツ
  • n: ハイヒール
  • o: 黒パンプス
  • p: 歩きやすいスリッポンやスニーカー、ぺたんこ靴

こんな感じでアイテム別リストを作成しておいて、あとあとEvernoteに取り込む時にタグとして使用する。

クローゼット、タンス、アクセサリーケースの中身を全て取り出す

そしてここからが、いよいよ本番。
空き時間と空きスペースを、たっぷり確保して取り掛かる。

ひとつひとつを広げて、まずは要るか要らないかを判断。
ここでさっき作ったリストが役に立つ。

捨てる判断基準

  • ワードローブリストに該当しない服
  • 毛玉が目立つ、シミがある等
  • 自分の今の体型や、時代の流行にあってない
  • 着ると太って見える、老けて見えるもの
  • パーティドレスや喪服を除いて、この先1年は着そうにない服

お気に入りだとか思い出だとかは胸に秘めつつ、潔くゴミ袋に捨てるよ。

ワードローブリストでEvernoteへ分類

で、生き残り服を広げて、写メしてEvernoteへ。

勘の良い人はお気づきでしょうが、これは数年前に話題になった、あの記事を今さら真似してみました。

………で、以下のようになりました。

Evernoteの中身

ノートには、とりあえず着用シーズンやカラーなどをメモ。
つかうかどうかわからないけれど、なんとなく。

そして上の『アイテム別一覧リスト』をタグ付け。

Evernoteタグ

タグ付けしたノートの数が後ろに数字として現れているけれど、リラックスTシャツに偏りすぎ…ヽ(´ー`)ノ

買い足し品のリストアップ

で、コーディネートで迷った時は、下半身をまず決めて、そこから上半身、アウター、小物を決めていく。

あと、自分の中では『おしゃれカットソー』の分類でも、まだポップなドット柄だったりとフォーマルな場所には不向きなものも多いので、徐々に中身を入れ替えていきたい所存。
あまり大人過ぎると、老けて見える気がして避けてたせいだヨ…orz

これも信用を得るため…と、自分の好みと折り合いをつけながら、大人の階段登って行こうと思います。

あとがき

『ミニマリスト』を目指して…というには、あまりに持ち過ぎてる。
けれども、自分の中では、かなり思い切って10着くらい服を捨てたよ。

極端に「服は10着しか持たない!」って決めても、いろいろそこかしこにシワ寄せが来そうなので、この辺は日和って適当にやっていこうかなって思う。
次は銀行口座とかをミニマル化していこうかな…。