今年観た映画で印象に残っているもの

あまり、感想記事書いてないけれど、観続けてはいるよ。
今年は私がファンである大泉洋さんの主演映画が三作もあって幸せでした♪

青天の霹靂

今、思い返しても、改めて劇団ひとりさんの凄さに感心している。

「タイムスリップして、若い頃の両親に会う」とか、まあまあ、ありがちな展開だけれど、それでも面白いのは、やっぱり細部の作り込みが行き届いてるのと、キャラクター達に魅力があるからだよね。

渇き。

衝撃度だけでいえば、この映画がナンバーワン。

内容、音楽、映像すべてにポップな毒々しさが込められてたよ。
キャストも誰一人としてハズレはいなかったし。

また観たい。とは思わないけれど、なんか表現方法の幅を知ることができた分勉強になったと思う。
同じ監督作品がまた放映されたら、たぶん見ちゃうだろうね(´ー`)

マレフィセント

ファンタジー映画はCGが命!久しぶりに観た3D作品♪
メッチャ、綺麗だった(*´∀`)

もともとの『白雪姫』のお話を土台に発展させたストーリーが、なんか新しかったよ。
この後の展開を知ってる分、独自の解釈で、どう説明つけていくのか。こういう注目のさせ方ってあるんだなあ………と。

翼を取り戻した後のアンジェリーナ・ジョリーのラスボス感といったら、とにかく爽快で、これぞエンターテイメント!って醍醐味を味わえたよ。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

こちらもいろいろ派手だった。
やっぱり洋画はスケールが違う。それだけがモノサシじゃないけれどね。

しかも日本のラノベが原作とのことで、コミカライズ本を読んでみたけれど、映画は大分アレンジされてるみたい。
原作がハードボイルドな分、映画のエンターテイメント性が引き立ってていいのじゃないかしら。

いろいろ評価が別れているみたいだけれど、私は好きでしたo(^-^)o

超高速!参勤交代

これはこれで、洋画とはまた違った娯楽作品♪

チャンバラやるし、作戦が失敗したら藩の命運も危ぶまれるという状況ではあるものの、危機感なく見てられる空気感。
もちろんコメディだからなんだけれども。

それでも六角精児さんの殺陣でさえ、かっこ良く見えちゃうんだから凄いよね。
佐々木蔵之介さんも、良い殿様ぶりだったし。
デビュー当初の深田恭子には興味が無かったけれど、『ヤッターマン』のドロンジョ様やりだした辺りから、たまらなく大好き♥
舌っ足らずな喋り方とミスマッチなキャラクタが、なんか余計に可愛さを引き立てるよね。

トランスフォーマー ロストエイジ

ロボット、銃撃戦、恐竜!!と、男の子の好きなものを全部集めた宝箱映画。 ここまでやるか…と。

もうそのインパクトばかりで内容、ほとんど覚えてないよヽ(´ー`)ノ
でも、まあ『印象に残った映画』でチョイスしたので、問題なし。

キャストについても、よくわかんないし…。
ロボットデザインにも、そんなに詳しくないしなあ…。マイトガインに似てるかな?

ぶどうのなみだ

『しあわせのパン』は、あまり熱心に見てなかったんだけれど、なんとなく観に行ったよ。

なだろう。こんなんだったらいいな…と、思えるような田舎のスローライフ?
おしゃれなハンドメイドっぽい服に、食器。
自給自足らしい生活なのに、食卓に並ぶ食材は海のものも山のものもあって、美味しそう。

リアリティを思いきって排除することによって、映像が格段に綺麗になった(o´∀`o)ノ

ヒロイン役の安藤裕子さん、本当に本職は女優さんじゃないの?ってくらい、違和感ない演技してたし。
最近、極端に染谷将太くんの出演作品が増えたけれど、この映画でも彼の演技はピカイチでした。
大泉さんのファンなので、もう冷静に評価することができないんだけれど、たぶん、彼もいい演技してたんじゃないかしら。

トワイライトささらさや

ガッキー可愛かったヽ(´ー`)ノ

そして死んじゃった夫役が大泉洋さんで良かった。
『青天の霹靂』の時には売れないマジシャン。この作品では売れない落語家。
そういう「かっこ良くない三枚目」の役が、とことん似合うよね。
いいポジション獲得したなー。嬉しい限り♪

そしてイケメンな中村蒼くんに、あの配役。
すごい、もったいない使い方してて、めちゃめちゃお気に入り♪

基本、人の死を題材にしたお涙頂戴ものって、そんなに好きじゃないんだけれど。
「さあ、ここで泣いて下さい!」って展開が、いつもは返って冷めちゃうんだけれど、この映画はそんなことなく普通にボロボロと涙こぼして観てました。

あとがき

てな、ワケで、今年もいっぱい観ました。映画。
昔は『セブン』とか、重い内容ののものばっかり観てたけれど、こうやって振り返ると内容軽めの娯楽コメディにシフトしてるみたい。

2時間座りっぱなしで頭使うより、思いきり笑ったり泣いたり、驚いたりしたい。
そんなお年ごろ。